conctact conctact

BLOGブログ

【広島県の企業様必見】Matterport(マーターポート)撮影サービスを行っています!

お役立ち 10.08.2021

Matterport(マーターポート)とは

Matterportとは、アメリカの「Matterport社」が提供する3Dモデル作成ツールのことです。

ドールハウスビュー

(ビーライズ 広島本社)こちらが3Dモデルイメージです。

専用の360度撮影+3Dスキャンすることが出来るカメラを使い、建物・部屋などを撮影します。
撮影した空間は、モデル調整を行い、SNSやホームページ、Googleストリートビュー等で公開することができます。

Matterportの公式サイトはこちら

Matterportの機能について

下記の様な機能が挙げられます。

・ドールハウスビュー

ドールハウスビュー

こちらの画像ように、撮影した空間を3Dで確認することが可能です。

 

・ガイドツアー

3D空間の見どころを選んで、スライドショーのように再生します。気になる箇所で、画面をクリックすると一時停止となり、詳しく3D空間を見ることができます。

ガイドツアー
ligne roset リーン・ロゼ – 公式サイト|バーチャルショールーム (ligne-roset.jp)

再生ボタンを押すと簡単に見ることができます。

 

・タグ表示

3Dモデル内に、情報を追加することができます。
具体的には、文章、外部リンク、動画などが追加できます。

ポップアップ
ligne roset リーン・ロゼ – 公式サイト|バーチャルショールーム (ligne-roset.jp)

 

・測定

部屋のサイズや家具のサイズなど、3D空間にあるものを計測することができます。
ユーザーは、自宅に居ながら、商品の大きさを把握することができます。

計測
ligne roset リーン・ロゼ – 公式サイト|バーチャルショールーム (ligne-roset.jp)

 

・ぼかし

画面にぼかしを入れることができます。たとえば、人の顔や個人情報等を隠すことができます。

ぼかし

 

・Google ストリートビュー

作成した3D ツアーを Google ストリートビューで公開することができます。

 

 

Matterportを導入するメリット

・業務の効率化、コスト削減

Matterportのコンテンツ1つ作成していれば、時間や場所を問わず何度でも見ることができ、時間や人件費等のコスト削減に繋がります。

例えば、不動産会社では顧客の内見に必要となる時間や人件費のコスト削減に繋げることができます。

 

・2D写真よりも商品イメージがしやすい

実物の建物・商品を高画質なカメラで撮影するため、ユーザー側は商品イメージがしやすくなります。マーケティングや商品開発など様々な用途でご活用いただけます。

 

Matterport撮影する際の注意点

Matterportを撮影する際の注意点は下記のことが挙げられます。

 

・撮影日の天候確認

日差しが強い場合は、3Dスキャンすることが難しいことがあります。
理由は、Matterportは3D赤外線カメラだからです。太陽光には赤外線が多く含まれています。そのため、日差しが強いとMatterportが赤外線をうまく感知できないことがあります。

 

・個人情報の取り扱い

撮影する際に、個人情報等が写らないか確認しましょう。
Matterportでは、モザイク処理も可能です。しかし、モザイクの量が多くなってしまうと見栄えが悪くなる可能性がございます。

 

・撮影中の写り込み

Matterportを撮影する際に人が写らないようにする場合は、撮影空間には出来るだけ人がいないようにしましょう。

 

・撮影時間

Matterportは、数メートル間隔で撮影を行っていきます。撮影空間が多いとその分時間が掛かってしまいます。
また、天候や建物の形状によっても撮影時間は異なります。

 

(↓撮影イメージ)

 

Matterportの費用感について

Matterportの費用感については、下記の通りです。

■1件あたり撮影費:10万円~
■1件あたり月額管理費:2000円
■タグ設定・モザイク処理費 20か所まで無料(それ以降は10か所1万円)

■マンション、モデルルームのみ
※大型施設は別途お見積りさせていただきます。
※1日撮影想定(複数日程が必要な場合は、+日程×5万円)
※交通費は別途かかります。
※別途消費税がかかります。

契約の更新は1年間ごとです。

Matterportを活用した弊社の事例

弊社ビーライズは、ドリームベッド株式会社様が提供する「リーン・ロゼ バーチャルショールーム」のパノラマ撮影およびシステム構築を行いました。

リーンロゼ

バーチャルショールームは、実際にショールームへ足を運ばなくても、自宅で商品を見ることができます。ホームページ上でカタログ画像を見るのもいいですが、バーチャルショールームを構築することによって、ユーザーは実際のショールームに来たような気持ちで様々な商品を楽しめます。

詳細はこちら

Matterportのお問い合わせは

株式会社ビーライズは、広島と東京に事業所を持ち、WEBで体験できるバーチャルツアー、バーチャルショールームなどの様々なXRコンテンツを提供しております。Matterportについてご興味ある方は、お気軽にこちらからお問い合わせください。

 

PROFILE

株式会社 ビーライズ
株式会社 ビーライズBeRISE
株式会社ビーライズは、「デジタルで明日を変えよう」をビジョンにかかげ、XR領域でバーチャルワールド活用サービスを提供するテクノロジーカンパニーです。リアルな3DCGとアプリケーション・web開発、アイデアを組み合わせた最先端ソリューション開発を強みとしています。
資料をダウンロードプロジェクトのご相談や、
仕様をくわしく知りたい方こちら