conctact conctact

BLOGブログ

【マンション・不動産販売向け】VRやWEBを活用したバーチャル内見(内覧)とは?

VRお役立ちマーケ 03.09.2021

新型コロナウイルスの影響で、マンション・不動産業界ではマンションギャラリーやモデルルームへの来場者が減少してきています。そのような状況の中、オンライン上でも顧客とコミュニケーションを取り、物件の魅力を伝え、成約に結び付けていくために、VRやWEBを活用したバーチャル内見を取り入れる企業が増えてきています。バーチャル内見を取り入れることで、顧客は現地に訪問する必要なく、オンライン上でマンションギャラリーやモデルルームの見学を行うことが可能となります。

VRやWEBを活用したバーチャル内見(内覧)とは?

バーチャル内見(内覧)とは、VR(バーチャル・リアリティー)技術を活用し、マンションギャラリーやモデルルームをCGで再現し、専用のヘッドマウントディスプレイもしくは、スマートフォンやPCのWEBブラウザ上で様々な部屋の内見が出来るコンテンツのことです。バーチャル内見で表示された部屋は360度見渡すことができ、見る位置を変えたり、気になる場所を拡大したりすることも可能です。バーチャル内見で見学できる部屋はCGで制作をすることが可能なため、実際のモデルルームはもちろん、完成前の部屋を制作し、内覧してもらうことも可能となります。

 

マンション・不動産販売でバーチャル内見を導入するメリット

マンション・不動産販売でバーチャル内見を導入するメリットとしては、下記の点が挙げられます。

 

コロナ禍でも物件検討を進めてもらうことができる。

コロナ禍では、現地での内覧や対面での接客が難しくなってきています。物件検討をしているが、現地での内覧はハードルが高いという顧客に対して、オンライン上で内見をしてもらうことで、物件検討を進めてもらうことが出来ます。

 

施工前の部屋の見学をしてもらうことができる。

バーチャル内見コンテンツはCGで制作することも可能であるため、施工前の部屋や、実際のモデルルームとは間取りの異なる部屋を制作、顧客に紹介することも可能となります。

 

対面での接客時の商談ツールにすることができる。

実際のマンションギャラリーやモデルルームに訪問していただいた顧客に対しても、バーチャル内見コンテンツを見ていただくことで、様々な部屋のタイプを紹介しイメージを膨らませてもらうことが可能となります。

 

広告や宣伝にも活用することができる。

制作したバーチャル内見コンテンツは、メールやQRコードなどで手軽に共有することが出来ます。LPやチラシにコンテンツを掲載することで、販促ツールとしても活用することが出来ます。

 

 

ビーライズのマンション・不動産販売向けVR/CG制作サービスについて

株式会社ビーライズでは、マンション・不動産販売向けに、建築CGパースの制作から、制作した建築CGパースのVR化、バーチャル内見化までをワンストップで行っております。

バーチャル内見システムの構築や建築CGパース制作についてはこちらからお問い合わせください。

 また、VRやARなど、xRに関連する資料はこちらからダウンロードすることが可能です。

 

PROFILE

株式会社 ビーライズ
株式会社 ビーライズBeRISE
株式会社ビーライズは、「デジタルで明日を変えよう」をビジョンにかかげ、XR領域でバーチャルワールド活用サービスを提供するテクノロジーカンパニーです。リアルな3DCGとアプリケーション・web開発、アイデアを組み合わせた最先端ソリューション開発を強みとしています。
資料をダウンロードプロジェクトのご相談や、
仕様をくわしく知りたい方こちら